RVfpga: コンピューター アーキテクチャを理解する対面ワークショップ 2023 年 3 月 7日、 8 日開催

RISC-Vコンピューター アーキテクチャ ワークショップ(RISC-V Computer Architecture Workshop)を紹介します。

RVfpgaというコンピューター アーキテクチャを理解する対面ワークショップが 2023 年 3 月 7日、2023 年 3 月 8 日に開催されます。

場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス 

主催:Imagination Technology / Imagination University Program

RVfpga 対面ワークショップの案内および登録ページ

3 月 7日火曜日のワークショップ: https://www.eventbrite.co.uk/e/445258248407

3 月 8日水曜日のワークショップ: https://www.eventbrite.co.uk/e/479969651147

 1日形式のワークショップです。7日と8日は同じ内容です。

場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス 14棟7階フォーラム

〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉 3 丁目 14-1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

By: Robert Owen               2023-4th-Jan

 

親愛なる先生方、そして友人たちへ。

オンラインは便利で、パンデミックの時も救われましたが、やはり対面式、インクラスに勝るものはないでしょう! しかし、やはり対面授業にはかないません!あの臨場感、そして同じテーマを極めようとする仲間との使命感の共有において。

現在、コンピュータ・アーキテクチャの授業やSoC(System On Chip)の設計にRISC-Vを活用するための「教師養成」ワークショップの世界シリーズの真っ最中です。昨年、米国で開催されたのを皮切りに、欧州でもいくつかのイベントが開催されました。特に、12月にシリコンバレーで開催したワークショップには、60名近い先生やトレーナーの方々にご参加いただきました。

現在、イスラエル、日本、台湾、韓国、中国と東へ向かっています。

Digi-KeyをはじめとするRVfpgaのパートナー企業が、これを実現するために協力してくれています。

そのために、次世代のコンピュータ理工系の学生たちに、コンピュータ・アーキテクチャとRISC-V命令セット・アーキテクチャに関する実戦的な専門知識を身に付けてもらうために、1日の時間を割いていただくようお願いしています。

 

RVfpgaとは?

この対面式、1日形式のRVfpgaワークショップでは、FPGAをターゲットとした商用RISC-Vシステムを紹介し、理論、アーキテクチャ、コース構成について説明し、RVfpgaコース全体の一部としてハンズオンラボの使用方法を説明します。このコースでは、DigilentのNexys A7開発ボード上のXilinx Artix 7 FPGAをターゲットとしたWestern Digitalのオープンソース、完全検証済み、既にシリコン内にあるSweRV EH1 RISC-Vコアを使用して、コンピュータアーキテクチャの基本を探求しています。FPGAプラットフォームとソフトウェアツールの実地体験ができるので、大学に戻ってからすぐに始めることができます。

SweRVは「教育用コア」ではありません。イマジネーションのGPUやウェスタン・デジタルのソリッドステート・ドライブの内部で使われている実戦的なものなのです。

何を学ぶか?

このワークショップでは、RISC-V FPGAシステムとRISC-Vツールを素早く立ち上げる方法を紹介します。

各ラボを説明し、そのうちのいくつかをハンズオンで作業します

また、RVfpgaをカリキュラムに統合する方法についても説明します。

具体的なトピックは以下の通りです。

ツールのインストール (ワークショップの前に行うことをお勧めします)

SweRV EH1 RISC-VコアとSoCのFPGAへのターゲット化

RISC-V SoCのプログラミング

RISC-V SoCへの機能追加

RISC-Vコアとメモリ階層の解析と変更

参加対象者

このイベントは主に「Train the Teacher」であり、コンピュータ・アーキテクチャを教えたいと考えているEE、CS、CEの教員にとって最も価値のあるものです。

RISC-Vを評価する民間企業、スタートアップ企業のトレーナーや、教師としてのキャリアやチップ設計者になることを検討している大学院生にも役立つと思われます。

ネットワーキング

自分のコースを最新に保つことに熱心な同僚の教授と新しい関係を築き、既存の関係を更新する絶好の機会です。ぜひ、同僚をお誘いあわせの上、ご参加ください。

スタートアップのプロジェクトでRISC-Vを評価しているイノベーターや、新入社員のトレーニングに優れた教材を必要としている企業のトレーナーとの出会いがあります。

私たちのトレーナー

熟練した学者やRISC-Vに取り組む他の企業の専門家とチームを組むことで、私たちは世界で最も専門的な講師陣に恵まれています。

– イスラエル

Itai Yarom 氏は、Intel、Imagination、MIPS、Synopsysなどの企業で、CPUアーキテクチャの分野で長い経験を積んでいます。ヘブライ大学の教授としてコンピュータアーキテクチャなどの講義を担当し、産業界と連携した工学部学生のプロジェクトも指導しました(例えば、Cadence社のConformal ECOツールは、学生のプロジェクトがEDAツールになった例です)。AI、機械学習、マルチエージェントシステムを中心に、特にシステムの自己回復と修復に関心を持ち、コンピュータサイエンスの修士号を取得しています。20以上のシリコン製品を開発し、20以上の論文を書き、いくつかの特許と賞を受賞しています。

イスラエルの現地ホストは、ラボマネージャーのJacob Fainguelerntで、彼の指導の下でプロジェクトを完成させたイスラエルの卒業生の世代にはよく知られています。

 

– 日本・台湾

阿部道夫 氏は、RISC CPU アーキテクチャのエキスパートです。MIPS LLCの日本セールス&ソリューション部門のディレクターを務めています。

1985年にNECに入社し、1991年のNECオリジナルMIPS CPUの開発をはじめ、MIPS CPUの開発に携わる。その後、MIPSをはじめとするコアやアーキテクチャを搭載した車載用SoCの開発に従事。2015年から日本におけるMIPS CPUのプロモーションとマーケティングを担当し、当初はイマジネーションテクノロジーズの一員として、現在は独立した会社として活動しています。

ローカルホストは、慶應義塾大学の天野英治教授です。コンピュータ・アーキテクチャの専門家として、またこのテーマの研究の第一人者として国際的に有名な方です。

 開催日

各ワークショップは1日で終了します。

 

ワークショップシリーズ(開催日・場所)

DateLocation/EventCity, CountryFormatRegistration
January 31st 2023

(Jan. 30thfull)

Tel Aviv University,Tel Aviv, IsraelIn-person RVfpga Workshop in English (supplemented by Hebrew where required)https://www.eventbrite.co.uk/e/rvfpga-understanding-computer-architecture-in-person-workshop-jan-31-2023-tickets-469156087487
7th March

8th March 

(2023)

Yagami campus, Keio University

慶應義塾大学、

矢上キャンパス

Kanagawa, Japan

〒223-0061

神奈川県横浜市港北区日吉3丁目14−1

In-person RVfpga Workshop in JapaneseTuesday 7th, March: https://www.eventbrite.co.uk/e/445258248407

Wednesday 8th, March: https://www.eventbrite.co.uk/e/479969651147

May/June  To Be Confirmed (TBC)TaipeiTaiwanIn-person RVfpga Workshop in English (supplemented by Chinese where required)TBC
Q3’23SeoulKoreaIn-person RVfpga Workshop in EnglishTBC
August-December 2023 TBC5 locations including Hangzhou & ShenzhenChinaIn-person RVfpga Workshop in ChineseTBC – Subject to Covid Travel Restrictions being lifted

その他の情報

IUPとRVfpgaについて: https://university.imgtec.com/teaching-download/

RISC-Vブログ: https://blog.imaginationtech.com/how-rvfpga-understanding-computer-architecture-will-give-under-grads-real-world-skills

RISC-V入門: https://www.digikey.com/en/resources/risc-v

 

皆様に直接お会いできることを楽しみにしています。

よろしくお願いします。

Robert C.W. Owen

Principal Consultant: Worldwide University Programme

Web: www.imgtec.com/university 

Twitter: @UniPgm

www.imaginationtech.com

About this author

ロバート・オーウェンは、テキサス・インスツルメンツ(以下、TI)、イマジネーションテクノロジーズ、RSコンポーネント(欧州・アジア)の3社において、世界有数の産学連携プログラムを立ち上げ、指揮しました。

並行して、メディアビジネスを立ち上げ、成功させた。

2019年、彼はイマジネーションに戻り、イマジネーション大学プログラム「IUP」を復活させ、再配置し、現在はGPU(グラフィックス・プロセッサ)、NNA(ニューラル・ネットワーク・アクセラレータ)、RISC-VベースのCPUファミリーの新開発といった「シリコンエンジン」に焦点を合わせている。これらのプロセッサエンジンの応用として、産業界で実績のある技術を用いた体験型学習に重点を置いた新しい教育プロジェクトが強く求められています。

これらのプロジェクトにより、次世代のエンジニアやプログラマーの先生方は、これらのエキサイティングな技術を使って実社会の問題を解決する方法を理解することができます。

産学連携の分野で29年目を迎えるロバートは、この市場に対する独自の洞察力と、世界中に広がる強力なネットワークを持っています。

2022年、ロバートはDigi-Keyのアカデミックプログラムと協力し、RISC-Vプロセッサをベースにした世界クラスのラボやクラスを世界中の大学に提供する予定です。